ICDP研究会 | ICDPとは | 世界での広がり | セミナー紹介 | 資料ダウンロード・頒布 | 研究会について | >> icdp.info(英語)
世界での広がり

ICDPのプログラムは、ノルウェーのオスロ大学 心理学教授の故カールステン・フンデイデによって、1985年に構築されました。そして1992年、組織としてのICDPが設立されました。

国際的には、ノルウェー外務省とNORAD(ノルウェー開発協力局)の援助を受け、まず1993年にアンゴラで実施されました。

現在では40を超える国や地域に広がり、特にノルウェー(1992-)、アンゴラ(1993-)、コロンビア(1994-)、スウェーデン(1999-)、デンマーク(1999-)、マケドニア(1999-2003)、モザンビーク(2002-)、エルサルバドル(2006)、グァテマラ(2007)などでは国連や現地の政府の支援を受け、大規模に実施されています。

ICDPの方針に則り、既に現地の団体や組織に権限を移譲し、ICDPとしての関与を完了した国や地域もあります。

ヨーロッパ
ノルウェー1992-
イングランド1993-1997
スウェーデン1999-
デンマーク1999-
ポルトガル2007-
フィンランド2010-
イタリア
オランダ
ルーマニア
スペイン
東ヨーロッパ
ボスニア1996
ロシア1997-
マケドニア1999-2003
ウクライナ1999-2004
アジア・中東
パレスチナ1998-1999
イスラエル2003-2005
インド2004-
インドネシア
スリランカ
キルギス
アフリカ
アンゴラ1993-2005
モザンビーク2002-
南アフリカ2004-
タンザニア2004-
マラウイ2008-
ジンバブエ2008-
エチオピア2008-2009
レソト2009-
コンゴ
アメリカ
エルサルバドル2006-
グァテマラ2007-
メキシコ2009-
アメリカ2011-
ジャマイカ
南アメリカ
コロンビア1994-
パラグアイ2001-
ブラジル2001-
アルゼンチン2001-2008
ペルー2009-
ウルグアイ
オセアニア
オーストラリア2008-
学術的な調査と評価

ICDPの効果の客観的な学術調査は、まずノルウェーのベルゲン大学によって行われました。その後はICDPが実施された国や地域で、当地の大学や学術機関に依頼して調査が実施されています。

最近では、ノルウェー政府の「児童・平等・社会統合省(The Ministry of Children, Equality and Social Inclusion)」の依頼によって、2007年から2010年にかけてオスロ大学で学術調査が行われ、「ポジティブな結果が得られている」と政府公式の報告と報道がありました。
調査報告書(英語/ノルウェー語)ノルウェー政府のウェブサイトで公開されています。

またその社会的貢献によって、ノルウェーではオスロ市長賞を、コロンビアでは政府表彰を受けています。