ICDP研究会 | ICDPとは | 世界での広がり | セミナー紹介 | 資料ダウンロード・頒布 | 研究会について | >> icdp.info(英語)
ICDPセミナー情報

本年度の「ICDP 国際子ども発達プログラム ワークショップ」の日程をご案内します。興味のある方はICDP研究会 事務局までお問合せください。

 ICDP紹介ワークショップ 2017 in 浜松
 ICDPに関心がある方でしたら、どなたでも参加できます
 (事前のお申し込みが必要です)。
 日 時

2017年10月22日(日)9:30〜15:00

 場 所

静岡県浜松市中区砂山町155-1 サーラシティ浜松 萩の間(浜松駅南口から徒歩5分)

 詳 細

ご案内チラシ(pdf,129KB)

参加希望者はICDP事務局までメールか電話にてご連絡ください。
ICDP研究会 事務局 info@icdp.jp 050-5278-5941(10:00〜17:00)

過去のセミナー
 ICDP紹介セミナー 東京
 日時2012年6月23日(土)〜 24日(日)
 場所日本青年館ホテル
 ICDP紹介セミナー 浜松
 日時2012年6月30日(土)〜 7月1日(日)
 場所サーラシティ浜松
 フィンさん、アネッテさんを囲む夕べ 〜質疑応答中心のくつろいだ集まり〜
 日時2012年6月25日(月)
 場所川崎市宮前区鷺沼 スブドハウス
 ICDPの集い 浜松
 日時2012年11月3日(土)
 場所浜松市 アクトシティ浜松
 ICDPの集い 東京(川崎)
 日時2012年11月4日(日)
 場所川崎市宮前区鷺沼 スブドハウス
 ICDPワークショップ 2015
 日時 6月21日(日)@10:30〜12:30 A14:00〜16:00
7月19日(日)B10:30〜12:30 C14:00〜16:00
8月23日(日)D10:30〜12:30 E14:00〜16:00
9月13日(日)F10:30〜12:30 G14:00〜16:00
 場所川崎市宮前区鷺沼
 ICDP紹介ワークショップ 2016
 日時 3月21日(月)10:30〜12:30
 場所川崎市宮前区鷺沼
 ICDPワークショップ 2016
 日時 6月12日(日)@10:30〜12:30 A14:00〜16:00
7月18日(祝)B10:30〜12:30 C14:00〜16:00
8月21日(日)D10:30〜12:30 E14:00〜16:00
9月11日(日)F10:30〜12:30 G14:00〜16:00
 場所川崎市宮前区鷺沼

ICDP紹介セミナー ダイジェスト

東京でのセミナー1日目の一部を動画にしました。セミナーの雰囲気を感じていただければ幸いです。

セミナーダイジェスト1/3

セミナーダイジェスト2/3

セミナーダイジェスト3/3

【参加者のコメント】

  • 8つのガイドラインがベースでとてもシンプルであること。そして、とても深いこと。
    学校のみならず、すべての関係性の分野で、広がっていく可能性!
    見失われている大切なことがたくさんつまっているプログラムだと感じました。
    体験から学ぶカリキュラムがよかったです。
  • 最も印象深かったのは、「長所のみを見る」ことに徹底していること。
    アドバイスもしないというところです。それを実験してみたい気がします。
  • セミナーの中での最後のほうで、とても「愛」を感じました。
    単なるスキルではないそれを肌で感じたことがよかったです。
  • 1日目に「子どもに問題があるのではありません。周りの大人が問題を持っているのです。」という言葉がとても印象に残 りました。自分がどういう在り方をすればいいのかが大事だということがよくわかりました。
  • 徹底的にポジティブな関係性の中で、2日間を過ごして、心地のよさ、受け取らせていただいた勇気、とても大きなギフトになりました。
    方法論で「教わる」だけでなく、気づき、自分で考えて自分のものにしていくことの大切さを感じました。
  • ポジティブな意識があらためて大事だなと感じました。子どもと親密な愛のある関係性が、シンプルに築けるという可能性を感じました。
    日本の教育現場に広まることを期待します。
  • 子どもだけでなく大人とのコミュニケーション(関係作り)にも使えると思いました。
  • 自分の仕事(教員)に、明日から役に立つような示唆もありました。
    「慈愛への文化」へのシフトが促されることを感じました。
    地球の明日も心配ですが(温暖化、気温変動など)、同時に自分の心と行動の変容を促したいと、そのことのヒントになるものが、ICDPでは、原理原則として示されているように思いました。
  • よいに所にフォーカスしていくことが大事であると再認識しました。
    子育てしている父母、祖父母にICDPを身につけてもらえたら、日本の未来はよくなっていくことと思います。
  • 各人の個性と文化を認めるやり方が、シンプルであるが深いと感じました。
  • 生まれてくる子、成長期の子どものために、日本でも教育の一環として取り入れられたらと思います。
  • ICDPには特別なテクニックは必要ないんだな、と思われたこと。
    日本の文化にも根ざしたものになっていってほしいです。
ICDP紹介セミナー 講師プロフィール

フィン・ゴッドリム(Finn Godrim)

デンマークにおけるICDPのリーダーであり、ICDPの国際組織と密接に連携している。「関係性とリソース指向心理学センター(GR-Psykologerne)」の創設者であり最高経営責任者。

GR-Psykologerneは12人の心理学者を擁し、人間関係と人間内部の心理的要素や機能(リソース)に焦点をおく「関係性とリソース指向心理学」に基づいて、個人の心理学的治療から会社や自治体の方針やビジョンの策定まで、あらゆるレベルで個人・グループ・組織に心理学的サービスを提供している。
10年以上にわたってICDPプログラムを実施、ICDPのさまざまなレベルで約3,000人をトレーニングしてきた実績がある。

ゴッドリム氏は大学教員資格を有する心理学者で、児童心理学と臨床心理学の専門家、監督者の資格を持つ。現在は主に、心理学的治療や専門家らの指導・監督に携わる傍ら、学校やデイケアセンターの管理職、家族療法の専門家らに、ICDPを含めたトレーニングを行っている。



アネッテ・グルート(Annette Groot)

ノルウェー在住。「関係性とリソース指向心理学センター(GR-Psykologerne)」のシニアパートナー。

教師および大学教員資格を有する心理学者であり、心理療法と臨床心理学の専門家ならびに指導教官の資格を持つ。主に専門職たちの治療と指導監督に従事すると同時に、主に学校やデイケアセンターの専門職、心理学者、看護師へのICDPを含めたトレーニング活動に従事している。

デンマークのICDP組織の役員。数年にわたって、各国のICDP組織と密接に連携している。